07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

山梨・身延山 下部温泉 2日目

2014.04.30 (Wed)

2014・4・16



下部温泉にて朝を迎え。
P4160391.jpg

温泉入って、お声がかかったらの
旅館での朝ご飯~
P4160363.jpg

夕食同様、全てセットされています。
P4160364.jpg


旅館での温泉後はお腹が空きます!!
P4160367.jpg


ハムサラダ
P4160372.jpg
ドレッシング掛け千切りキャベツにハム1枚分~


卵焼き、昆布
P4160373.jpg
ちょっと甘めな卵焼きに、昆布の佃煮~


きんぴら
P4160369.jpg
しっかりした味付けの、ごはんが進む美味しいきんぴら。


煮物
P4160368.jpg

豆腐のがんも風に、里芋、茸。
P4160378.jpg
あっさりした味わいで、これまたうまい!



P4160370.jpg
これは焼きすぎw
というか、時間経ちすぎ?

パサパサかため。
P4160383.jpg
しかし皮まできれいに完食。


お新香
P4160385.jpg


味噌汁
P4160371.jpg
よかった、朝ご飯には味噌汁付くw
薄味お味噌汁~


のり
P4160384.jpg
焼き海苔~♪


ごはん
P4160377.jpg
ごはんは夕食同様、1人につき1つのおひつでがっつり食べれる♪

満足^^
P4160386.jpg


食後はフロントにてコーヒーのサービスを♪
P4160388.jpg



さっそく出発。
山梨県笛吹市まで。
日本一の桃の里 笛吹市
P4160412.jpg

笛吹川対岸に広がる扇状地は“桃源郷”と呼ばれるにふさわしい、
生産量日本一を誇る桃の栽培エリアになっています。

桃の花が咲きはじめ、なだらかな斜面に沿って彩りを移していく様子は、
笛吹市ならではの標高差がもたらす自然の大パノラマと言えます。
P4160557.jpg

釈迦堂遺跡博物館へ
P4160398.jpg

釈迦堂遺跡博物館から見晴し園
P4160410.jpg

桃の木桃の木桃の木だらけ!!
P4160416.jpg

満開ではないですか!!
P4160418.jpg

赤白ピンクの他にも様々な色合い。
P4160460.jpg

こりゃ美しい!!
P4160407.jpg

花の形も様々。
P4160408.jpg

不思議。
P4160405.jpg
何故だろう・・・アルパカを思いだす。。。


1つの枝から様々な色の花が。
P4160424.jpg

それより1つの花から様々な色の花びらが。
P4160421.jpg

不思議。
P4160422.jpg

桃以外の花も。
P4160415.jpg

色鮮やかです。
P4160459.jpg
この際、花ブログにしようかしら。

いやぁ、桜もきれいですが桃きれい!
P4160427.jpg

あ、でも私が気になるのはやっぱこっち。
P4160426.jpg


ここにも桃。
P4160431.jpg

そこで食べたい草もち。
P4160428.jpg

2カ所に売り場がございますが、値段が異なります。
P4160432.jpg
安い方。。


せっかくですしももも。
P4160442.jpg
もももももも。謎

桃まんじゅう(100円)☆
P4160443.jpg
桃の香りする大福です♪

もちもち美味しい、けどちょっと甘い。。
P4160445.jpg


草もち(100円)☆
P4160447.jpg
よもぎ香るもち~♪

あーやっぱり草もちのが好き( ´艸`)笑
P4160448.jpg


ピーチジュース(100円)☆
P4160441.jpg
思ったより果汁感ないけど美味しいジュース。


あ、大好きな食べ物発見。
P4160456.jpg

口ん中甘いけど、半分こで食べちゃう。
ころ柿(220円)☆
P4160450.jpg
干し柿ー(@^O^@)

大きい方は350円でありました、何で柿は干すと値段がはるのでしょう。
P4160451.jpg

そしてなんて美味しいのでしょう。
P4160452.jpg


さてさて、どこに行こうかと。。。
3年半前同様、ワイナリーでもぷらりしますか。
P4160555.jpg


ワインの町勝沼ですもん。
P4160461.jpg

勝沼町ぶどうの丘
P4160466.jpg
勝沼ICから約10分ほどの立地。

360度ぶどう畑に囲まれた、ぶどうとワインのサンクチュアリ。
P4160467.jpg

一面に広がるぶどう畑の小高い丘のてっぺんにぶどうの丘があります。
P4160481.jpg
・・・と。

この時期は裸んぼのぶどうの木しかありません!!!
P4160468.jpg

桃のがすごい。。
P4160558.jpg


館内に入るとワインやその他お土産が並ぶ売店。
P4160471.jpg

ワインもずらり。

そんな中、地下の“ワインカーヴ”たる場所へ続く階段発見。
P4160480.jpg

こちらでは、専用の試飲容器タートヴァン(1100円)で、
約180種類の山梨県産ワインが試飲し放題(@_@)

P4160476.jpg
本日はしませんが、次回この辺りに宿泊し、絶対きたい!!


そして、またほうとうを食べにいきたい気もしますが、ここでランチにいたしましょ。
P4160482.jpg

展望ワインレストラン
P4160488.jpg


施設内にありますレストラン。
P4160487.jpg

大きな窓。
P4160494.jpg

そこから光が差し込む明るい店内。
P4160493.jpg

カウンターもござます。
P4160491.jpg


窓からの眺めも良いですね。
P4160551.jpg
甲府盆地はもちろん南アルプスまで見渡せる眺望です。


ドリンクメニュ~とデザート
P4160496.jpg

P4160499.jpg P4160498.jpg


せっかくですのでいきたいワイン。
甲州飲み比べ3種セット(1140円)☆
P4160515.jpg

白4種類、赤3種類、ロゼ1種類から好きなもの3種類を選べます。
もちろん値段の高いフルボディは入れます!
P4160502.jpg
で、こちらにしたの。


ランチメニュ~
P4160490.jpg

スープ、コーヒーが付きますランチのCとDを、あとはサラダを1つ。


フレッシュサラダ(900円)☆
P4160512.jpg

ドレッシングは“勝沼産ワインビネガーを使用したフレンチ”or“ノンオイル和風”から選べ、フレンチに。
P4160510.jpg

種類豊富な新鮮野菜♪
P4160514.jpg

もりもり♪
P4160513.jpg


ランチセットに付くスープとサラダが登場。
スープ
P4160507.jpg
コーンポタージュです。
いい具合な濃厚さで、美味しいスープ(^^)


サラダ
P4160522.jpg
ビネガードレッシングのかかったシャキッとサラダ。



まずはこちら。
ランチC(1900円)☆
P4160532.jpg

山梨県産ワインビーフを使った手作り“ハンバーグ”
P4160527.jpg

ワインビーフのランプ6割、富士桜ポーク4割の配合で味のしっかりしたハンバーグ。と。
P4160534.jpg
うん!ジューシーオイシー!!

コクのあるソースと、クリーミーなマッシュルームソースがうーまい!
P4160528.jpg

付け合わせには、スナップエンドウにオニオンリングとチーズ掛けニョッキも♪
P4160530.jpg

こちらはパンかライスが選べます、ライスに。
P4160526.jpg
ちなみお代わり自由~


そして
ランチD(1500円)☆
P4160521.jpg
野菜トマトクリームの“スパゲッティー”ガーリックトーストのワンプレート サラダ添え

野菜のトマトをクリーミーに仕上げたソースのスパゲッティー。と。
P4160523.jpg
クリーム感はなく、トマトスパゲッティです。
海老にラタトゥイユのような野菜たっぷり♪

粉チーズも別に登場。
P4160536.jpg

美味しいですね。
P4160533.jpg


分厚切りのフランスパンにガーリックを塗り挟み込んだ、
ガーリックトースト付きです(^^)
P4160524.jpg


食後にははこちら。
珈琲
P4160540.jpg


そしたら入り口のショーケースに並んでいたケーキが頭をよぎる。。
P4160553.jpg


頼んじゃう。
リンゴのシブースト(520円)☆
P4160544.jpg

思ったよりおっきなケーキ♪
P4160547.jpg

スポンジ生地に、りんごの甘煮の入った甘さ控えめのクリーム♪
P4160546.jpg
軽くペロリと食べれちゃう~


お腹もいっぱいになり、行くあても特になく出発。
P4160559.jpg
やっぱりきれいなももももも。

ちょっと寄り道いたします。
シャトー勝沼
P4160562.jpg

明治10(1877)年創業、勝沼町菱山にあるワイナリー
P4160560.jpg

オリジナルワイン製造・販売しています。
P4160564.jpg

レストランやパンやさんもございます。
P4160563.jpg

やっぱりぶどうはなってない~
P4160591.jpg


ワイン製造過程のご案内の見学コースがありますのでちょろっと。
P4160567.jpg

ガイドがあるわけではありませんので、気軽に~
P4160566.jpg

ここで発酵。
P4160570.jpg

ここで圧搾。
P4160573.jpg

奥には薄暗く涼しいワイン貯蔵庫。
P4160575.jpg

澤乃井酒蔵見学を思い出す~
P4160577.jpg

ボトリングされた、ラベルの貼られる前のボトルがずらり。
P4160580.jpg

1本持ってってもバレないじゃない~
P4160583.jpg
なんてバカな話をしながら。


更に進むと、土産物屋さんに到着。
P4160584.jpg

勝手に試飲し放題~\(^o^)/
P4160587.jpg

で、帆立の佃煮だけ購入。
P4160589.jpg
今夜のつまみ&おかずです。

なんと、帰りのパーキングエリアで、20円安く売っていましたw
P4160640.jpg
こういうこと多いな・・・w


東京に戻ろうとする中、もう一カ所寄り道。
やっぱりぶどうはなってない~
P4160596.jpg


トンネルワインカーヴ
P4160597.jpg
貯蔵庫を意味するフランス語“カーヴ”、甲州市勝沼町につくられた、トンネルを利用したワイン貯蔵庫のことです。

このトンネルは明治36年に建造され、そのままの姿をとどめている東日本旅客鉄道(JR東日本)中央線の“旧深沢トンネル”です。
P4160598.jpg

鉄道文化の遺産としても貴重なレンガ積みのトンネル(1100メートル)として保存され、
ワインの長期熟成と付加価値を高める施設として整備されています。
P4160601.jpg

温度は年間を通じて6~14℃、湿度は45~65%とワインの熟成には最適な条件がそろっており、
約100万本のワインを貯蔵できるそうです。
P4160602.jpg
ワインメーカー用(蔵置場)と個人用のユニットが用意されていて、
レストランや個人用の1ユニットはワイン300本が収容可能で、保管料は1か月2500円。
と。


隣には、ワイン販売などもしているワインカーブ管理棟。
P4160595.jpg


向かいには“大日影トンネル遊歩道”が。
P4160603.jpg

大日影トンネル遊歩道
P4160605.jpg

明治36年から平成9年まで、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線下り線として使用されていた
“大日影トンネル”を再利用した遊歩道です。
P4160606.jpg

2012年1月18日から漏水による補修工事がなされていましたが、
2013年(平成25年)4月2日に再び通行出来るようになりました。
P4160607.jpg

トンネル内には鉄道標識・待機所・水路が当時のまま残されていたり、
壁面や天井には昭和6年に電化されるまで走っていた蒸気機関車の煙突から排煙された煤が黒く付着しています。
P4160615.jpg

全長1.367.8mあるトンネル

P4160614.jpg

まさか往復いたしませんw


そして東京へ・・・・・
向かう途中、あまりのきれいな桜を見つけ。
P4160619.jpg


撮影タイム。
P4160624.jpg

キレイなんですがね。
P4160617.jpg

私はどっかでケーキでも食べながらお茶したい。。。w

でもでもやっぱり撮っておく。
P4160628.jpg

そして今度こそ真っ直ぐ帰宅。談合坂SA寄り道してね。
P4160631.jpg

大好きな“信玄餅”をたくさん購入~
それはまた別にアップします、とりあえずこの記事早く載せたいからww


お家に帰ってお疲れ1杯~
P4160653.jpg


軽いつまみで。
P4160652.jpg

美味しい山梨のエシャレット~
P4160648.jpg


そしてこれが例のw
「信玄亭」のホタテ甲州煮
P4160647.jpg

新鮮で甘みあるホタテを甲州ワインを加えじっくり煮込んだもの。だそう。
P4160658.jpg

たーしかにうまい。
P4160659.jpg
酒のつまみでもごはんの供でも。。。


これは近所にのスーパーの佃煮。
P4160654.jpg

これはもらいもんのにしんの昆布巻。
P4160655.jpg

これはお手製飯蛸の旨煮~
つまみ

適当につくったつまみも載せちゃうw
P4160650.jpg

〆はお茶漬けで本日終了。
スポンサーサイト
10:20  |   ・国内  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://haraheri5214.blog40.fc2.com/tb.php/1691-57193166

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |