09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

グランドサークル&ラスベガス 3日目・前半

2014.11.12 (Wed)

2014・10・17(16)



朝5時起床

辺りは真っ暗!!
PA160992.jpg

行きます!サンライズを見に、グランドキャニオンへ!!

基本的には、ハイウェイ沿いには街灯はありません。
PA160993.jpg

自分の車のライトの 光だけで進みますので夜は特に注意。
PA160994.jpg

すぐに明るくなってきますよ。
PA160996.jpg


色々なポイントがありますが、もう恐ろしい冒険しませんw
PA161000.jpg

昨日と同じ“マーサーポイント”へ。
PA160999.jpg


まだかな。
PA161006.jpg

まだかな。
PA161012.jpg

まだだな。
PA161020.jpg

お月さまも一緒に見える。
PA161031.jpg

もどかしい。
PA161038.jpg

そろそろかな。
PA161043.jpg

そろそろか!
PA161045.jpg

くるぞ!
PA161055.jpg

きたーーーーー!!!
PA161062.jpg

太陽の光がグランドキャニオンに当たり始めると、大地が黒から金に変化します。
PA161034.jpg

そのあと赤、オレンジと変化し、やっと地層の色がはっきり見えてきます。
PA161051.jpg

この色の移り変わりが美しく、これを見るために
たくさんの旅行者がこのグランドキャニオンで朝日を見ようとやってくる
のです

PA161052.jpg

お昼のグランドキャニオンも雄大で素晴らしいのですが、昼の時間帯より、
夕方や朝が更におすすめ、格別なのですね。
PA161067.jpg


御来光~~~~
PA161078.jpg

日本人は、“初日の出”という文化があります。
PA161093.jpg

なので、グランドキャニオンに来ても、太陽の昇る瞬間を見て、昇り終わったら帰る人が多いのですが、
それではグランドキャニオンに朝日の時間に居る意味がありません

PA161061.jpg


必ず太陽ではなく、大地の色の変化を楽むべきとのことです。
PA161082.jpg


その時間帯、斜めから当たる太陽が作り出す影が・・・・・
PA161089.jpg

なんともいえない美しさなのです~。
PA161092.jpg



か・・・・
PA161085.jpg

かわい~(*´д`*)
PA161086.jpg


グランドキャニオンを少し歩きます。
PA161095.jpg


ちょっとブレイクタイム。
Grab & Goへ☆
PA161098.jpg

これが店名なのかは謎w
ビジターセンターすぐ近くにあるお店。
PA161097.jpg


お土産やさんも併設。
PA161113.jpg

自転車レンタルも・・・してるのかな?
PA161115.jpg


メニュ~
PA161117.jpg


カフェラテがなかったので・・・・
Brewed Coffee($1.85)☆
YOGURT PARFAIT($2.75)☆
PA161111.jpg


うまい!シリアルヨーグルト!
PA161123.jpg

苺の果肉が♪
PA161124.jpg
ちと甘い。。w


ちょっと歩きに行きますよ!!
PA161131.jpg


グランドキャニオン国立公園は、コロラド川の南側のサウスリムと北側のノースリムに分かれています。
PA161133.jpg

ちなみに“リム”とは壁と言う意味。

PA161134.jpg



ほとんどのツアーでグランドキャニオン観光の中心であるサウスリムを訪れます。
PA171166.jpg
北側のノースリムは、ツアーやバスなどで訪れることはできず車のみのアクセスのため、
日本からの旅行で訪れる人はあまりいません。
また、冬季は雪のためゲートがクローズしてしまいます。


サウスリムへ。その中のビレッジと呼ばれるエリアに、主なビューポイントやホテル、
キャンプ場、スーパーマーケット、お土産物屋さん、レストランが集まっています。
PA171168.jpg
ビレッジの東がイーストリム、西側がウエストリムと呼ばれています。


ちなみに・・・公園内にあるエルトバホテルは、
最高級ホテルでアメリカの大統領やハリウッドスターも宿泊すると言う場所
です。
その他、ブライトエンジェルロッジや、サンダーバードロッジなどが、ビレッジ内にあります。
PA171164.jpg





キャンプサイトにはテーブルとファイヤープレイスがあります。
ビレッジ内のスーパーマーケットの近くに、マーサーキャンプがあります。
PA171177.jpg
1泊18ドル~で、シャワーやトイレ、コインランドリーなども完備
1サイトはとても広く、車数台と1人用のテントなら10個は建てられます(1サイトの定員は6人まで)。
4~8月はとても混んでいるので要予約。
冬の時期は、テントでのキャンプはかなり冷えるので、キャンピングカーなどが必要です。




ヤバパイポイント
PA161144.jpg

グランドキャニオン国立公園の中で最もメジャーなビューポイント。
PA171146.jpg

マーサーポイントと並んで朝日のポイントとしても有名です。
PA171147.jpg

ポイントからは、遠くコロラド川にかかる橋、その近くに谷底の宿泊エリアファントムランチ、
そしてブライトエンジェルトレイルの途中にあるインディアンガーデンを見ることができます。

PA171150.jpg

でっかいどー
PA171151.jpg



ヤバパイ博物館
PA171153.jpg

Grand Canyon Villageの1.5マイル(2.5km)東にあり、この地域の地層の歴史を説明・展示
PA171159.jpg

入場は無料です。
PA171160.jpg

窓からキャニオンの180度の展望を楽しめます。

PA171157.jpg


飯食ったらデザートビューポイントまで回るんだ!
PA171154.jpg


・・・の前に車を出して、ちょいとトレイルへ♪
PA171162.jpg



踏切なんてのもあるんですねぇ。
PA171176.jpg

閉じてるところ見てないけど。
PA171171.jpg


ブライトエンジェルロッジ
PA171167.jpg
ビレッジの中心にあるブライトエンジェルロッジ
宿泊施設ですが、その中を抜けてグランドキャニオンのリム側に出ると、雄大なグランドキャニオンが姿を現します。
初めてのグランドキャニオンでここからのビューを見た人は、あまりのすごさに一瞬声を失ってしまうほどだとか。
この周辺には、ショップやレストラン、ホテルなどがあります。



こんなところにこれがあった。
PA171260.jpg


ハイカーは、ビジターセンターでBright AngelとKaibabトレイルの無料パンフレットを出発前にもらいましょう。
PA161096.jpg
また大量の水を必ず持参すること。
私達は関係ないけど。。。

ブライトエンジェルトレイル
PA171249.jpg

ビレッジの中心、ブライトエンジェルロッジの近くから出ているトレッキングルートです。
トレイルの入り口は、ブライトエンジェルの西、3分ぐらいの所にあるコロブスタジオの裏にあります。
PA171245.jpg

Bright Angel Lodgeの少し西からスタートし、コロラド川へ4460フィート(1338m)下る
帰りのキャニオンへの登りが大変きついので、経験豊かな健脚向きコースだそう。



このルートはビレッジ内のアクセスしやすいところにトレイルの入り口があるため、
グランドキャニオンの中で最もポピュラーなルートです。
PA171195.jpg

初めはジグザグで下りて行き、2.4km地点に最初の休憩ポイントがあります。
PA171192.jpg
普通の体力の人で、ここまで約1時間、軽くトレッキングを楽しみたい人は、ここで引き返す方がベターです。
帰りは最低でも2時間弱はかかります。

コロラド川が間近に見下ろせるPlateau Pointへは、
Indian Gardenから分かれるトレイルがあり片道6マイル(10km)のハイキング。
PA171227.jpg

谷底のPhantom Ranchへは片道9マイル(15km)。
PA171231.jpg

谷底に着くまで、4.8km地点と、7.4km地点に休憩ポイントがあります。
PA171232.jpg
下まで下りる人はゆっくり休憩しながら下りて行きましょう。

どんなに体力に自信あっても絶対に1日で往復はNGです!!!

PA171216.jpg

私達は全く体力ないのでちらりとしか歩かない!汗
PA171190.jpg



何だか馬のような動物の臭いが・・・・
PA171191.jpg
よく見るとミュールの糞だらけ~w

このトレイルを通って、谷底のファントムランチまで下るミュールツアーもあります。
PA171246.jpg

ミュールとはロバとウマをかけ合わせて出来た動物
PA171240.jpg
一見、歩いて下まで下りるより楽そうな感じがしますが、
下に到着するまでに6時間ぐらいはかかるしお尻も痛くなるので、歩いた方が楽かもしれません・・・・・。
それでも人気のツアーなので、数ヶ月前に予約を。




キャニオンから突き出た壁が左右にあり、いくら歩いても壁が景色を遮る・・・
PA171230.jpg

しかし、1日観光などでグランドキャニオンを訪問し、1つのビューポイントに短時間しか滞在できない
私達のような人は、このルートを5分でもいいので下るといいのです。
PA171199.jpg

上から見るのとは違い、グランドキャニオンの地層を間近に見ることができますし、
壁を見上げることもできるので面白いんです。
PA171204.jpg

ちょうど5分ぐらいの所に短いトンネルがありますので、そこを目安に。
PA171209.jpg


軟弱な連れと行動しているためにここで断念。(笑)
PA171221.jpg

あぁ、せめてあのへんまで行きたかった。。。。
PA171233.jpg


戻ります。
PA171229.jpg


鹿発見。
PA171264.jpg

沢山発見。
PA171266.jpg

大きくなれよ。
PA171268.jpg


また2時間後には戻ってくるグランドキャニオンを背に・・・・・
PA171262.jpg


ホテルへ戻りチェックアウト・・・・・の前に・・・・・・腹減った腹減った。
ピザくいてーピザ。
PA171279.jpg

良さげなピッツェリアへ向かうと・・・・・・・・まだ営業前○| ̄|_
PA171276.jpg

グランドキャニオン周辺ならブレックファストくらいやっとけよ!
なんて空腹になってイライラしている私は勝手なこと言いながら。

ウェンディーズと迷いながらの久々の朝マック。
McDonald'sへ☆
PA171283.jpg

ホテル近くにある、アメリカ合衆国に本社を置く説明無用なファーストフードチェーン~
PA171323.jpg
結構車置いてある、立地のせいか人気マックではないの。

見慣れたロゴね^^
PA171285.jpg


ありゃ、駐車の台数に比べお客さんは少ない感じ。
PA171295.jpg

テイクアウトも多いのかな。無駄駐車かな。謎
PA171321.jpg

店内にはあら、グランドキャニオン意識した?風な可愛いロゴ。
PA171287.jpg



メニュ~
PA171289.jpg
まぁ変わり映えしないメニューです。

グリドルセットにブリトー、ホットケーキ、単品珈琲~♪

ドリンクバーは・・・・
PA171294.jpg
関係なし。


Bacon,Egg&Cheese Mc Griddles set($8.59)☆
Sausage Burritos($2.79)☆と3Hot Cakes($4.69)☆

PA171296.jpg

マックの朝ご飯で、しかもこれだけで、21ドルってどんだけ!w
まぁ1人で食べたわけじゃないんですけどね。
観光地価格かしら。物価高いのかしら。今円安だしな。とか色々無駄なこと考えながら。

マックグリドル ベーコン&エッグ・チーズ
PA171300.jpg

ベーコン、玉子、チーズを挟んだマックグリドル。
PA171307.jpg
野菜皆無!!!

朝食にパンケーキサンド・・・・・といった、
レーズンを練り込んだパンケーキのようなちょっと甘めなバンズが特徴なグリドル。
PA171305.jpg

これが塩気の効いた具と結構合うのよね。
PA171316.jpg



ハッシュブラウン
PA171301.jpg
間違いなく美味しいハッシュブラウン~^^



ソーセージブリトー
PA171299.jpg
ブリトーは日本になかった!気がする!W

ソーセージ、玉子を挟んだブリトー。
PA171309.jpg

昨日の本格派ブリトーとは全く違う食べ物のように感じてしまいますが(笑)、
朝ごはんとして食べるならこっちのが脂っこくないしいいかな。
PA171315.jpg
これまた野菜皆無!!!



ホットケーキ
PA171303.jpg

3枚のホットケーキ、バターとメープルシロップたっぷり塗って♪
PA171312.jpg

さすがファストフードなマック、どこで食べても安定な味わいで安心。
PA171308.jpg
もちろん野菜皆無。


Coffees($2.29)☆
PA171298.jpg


ご馳走さま(o^_^o)


さてさて、グランドキャニオンへ戻ります!


後半へ続く。。。。


スポンサーサイト
12:23  |   ・海外  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://haraheri5214.blog40.fc2.com/tb.php/1807-f13bf356

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |