04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

ル・マノアール・ダスティン @銀座

2016.10.08 (Sat)

2016・9・20





ランチにフレンチ~

Le Manoir D'HASTINGSへ2名☆
P9205512.jpg

「ル・マノワール・ダスティン」は、銀座6丁目、外堀通り沿いにあるビル地下1階のお店。
P9205770.jpg


1996年に創業し、2008年にこの場所に移転した、
五十嵐オーナーシェフによる伝統的なフレンチだけでなく、オリジナリティー豊かな料理をいただける
本格フレンチの名店
です。
P9205513.jpg

階段からでもエレベーターでも行けますよ。
P9205769.jpg

1998年にオープンした小さなワインバー「カーヴ・デ・ヴィーニュ」も姉妹店~

落ち着いた店内、壁側に2名掛けテーブル6つ。
P9205672.jpg

中央に4名掛けテーブル3つ。
P9205757.jpg

反対側には大人数OKの個室のような??
P9205536.jpg


ボトル以外ドリンクメニュ~
P9205517.jpg


グラスシャンパン(1800円)☆
P9205525.jpg
シャルトーニュ・タイエ キュヴェ・サンタンヌ
このガラスはなんだろ~
P9205521.jpg



パン
P9205543.jpg


しっかりめのフランスパン!
P9205552.jpg


そしてバター。
P9205538.jpg

ヒマラヤの岩塩の上に乗った無塩バター。
P9205539.jpg

ちょびっとずつ岩塩擦り付け塩分足して~
P9205540.jpg
パンにつけていただきまーす。

こんなのもいた~
P9205544.jpg



ランチメニュ~
P9205532.jpg


・アミューズ
・選べる前菜1種類
・メイン 肉or魚
・デザート

の基本コースが3800円

私達は
・アミューズ
・選べる前菜2種類
・メイン 肉or魚
・選べるデザート

5000円コースに~
P9205518_201610070904196a9.jpg
“シェフのおまかせスペシャルコース 9000円~13000円”てのもございました。


フレンチ界の巨匠による、選び抜かれた食材と創意工夫に満ちた独創的なメニューを!!
P9205520.jpg



アミューズ
P9205545.jpg
自家製ブータンノワール

表面炙ったブータンノワール!豚の血~
P9205548.jpg
新鮮だと臭み皆無!!!

温かくとろり( ´艸`)
P9205549.jpg
下にはリンゴジャム、めっちゃ合うのねー♪

シャンパンにも最高!



グラス白ワイン(1300円)☆
P9205529.jpg
ゲヴェルツトラミネール ベブレンハイム ドメーヌ・トラペ

フルーティーで華やかな味わいのおいっしい白!



お連れさんと4種類の前菜を11種類の中から選びます♪
P9205534.jpg
悩んで悩んで悩んだけど・・・・きまったー!


これは絶対に頼むべし!ほとんどのお客様がご注文されるというスペシャリテ!

スペシャリテ、人参のムースとコンソメジュレ ウニ添え
P9205556.jpg

カクテルグラスに人参のムース、それに北海道産の雲丹を乗せ、その上に輝くコンソメジュレ(^^)
P9205563.jpg

うーま(゚Д゚)
P9205560.jpg

甘ーい!自然な甘さ!!
P9205572.jpg

人参のムースってかサツマイモのムース!!
聞いてみると、サツマイモは入ってなく人参のみだとか。

そんなムースに濃厚な雲丹、コンソメジュレが最高にマッチ!
P9205573.jpg
すんげーさすがスペシャリテ。。。。。



こちらも一品あるとのこと。メニューにないものです!
丸ごと鮎の鮎のガトー仕立て
P9205565.jpg

フランス語でケーキ・菓子を意味するガトー。確かに見た目はケーキな一品!
P9205566.jpg

美しく層になったこちら。
P9205569.jpg

下から
鮎の身のムース、骨や皮のジュレ、肝のムース、ジュレ
P9205575.jpg

1つ1つ食べてみると強調しすぎるものだったり、パンチのないものだったり・・・・
それを一緒に食べると・・・・なんてうまさー(@_@)
P9205576.jpg
感動した、この完成度!素晴らしい!!

周りにはマヨベースソース絡めたきゅうり~
P9205567.jpg

そして思ったこと。
盛り付けの・・・・センスがないという言い方はヘンですが(笑)、シンプル!

最近行ったお店ですとアルジェントASOの演出と比べると一目瞭然(あっちイタリアンだがw)、
しかしこの味の素晴らしいさ、味直球勝負ですね!



ボトルいこうボトル。
P9205515.jpg
ボトルメニューは・・・撮ってません○| ̄|_
フランス語でわけわからんかったのは覚えてる(笑)


ボトル赤ワイン(11000円)☆
P9205577.jpg
シャトー・プジョー ムーリ・ザン・メドック 1996

1996年のプジョー、これで1万1千円はCP良いのでは!?もうすぐ飲み頃を過ぎてしまうから??
P9205581.jpg
美味しい~^^
けど、同じ価格だったアルジェントASOのワインの方がもっと私好みだったかな!




秋刀魚の冷製手打ちパスタ、ほろ苦いワタのハーモニー
P9205600.jpg

おーうすごい♪
P9205602.jpg

ラザニアのような平たいぶっといパスタ麺に秋刀魚のワタのクリームソース。
P9205606.jpg

上には生の秋刀魚刺!
P9205608.jpg

うますぎーヽ(≧▽≦)/

濃厚肝ソースに絡むこの存在感ある麺!
P9205623.jpg
食べにくいけど(笑)うまい!丸めて食べるといーね。

そしてこの新鮮な秋刀魚!
P9205622.jpg

さすが、フレンチのシェフだというのに毎日築地に通っているという噂は納得です。



帆立貝のポワレ 茄子のバヴァロワ添え
P9205587.jpg

可愛い3品。
P9205588.jpg


中央に帆立貝のポワレ。
P9205592.jpg
クリーミーソースがかかった柔らかく蒸し焼きされたホタテ( ´艸`)

絶妙なレアー!!!♪
P9205621.jpg



左手にホタテのヒモのフリット。
P9205589.jpg
サクッと揚がって噛むほど甘み広がる( ´艸`)
サキイカの天ぷらの高級版みたい(笑)


右手にはこんな。
茄子のババロアにホタテのジュレ。
P9205595.jpg

ジュレの下の濃い緑のはホタテの成分だとか。
P9205597.jpg

しゅわっと優しい味ながらコクある茄子のババロア、ホタテの出汁を使ったジュレ。
P9205611.jpg

どれも美味しい( ´艸`)
しかし他の前菜と比べると感動はそこそこ。なーんて超評価高い中での話。w

見た目のシンプルさもド派手より気に入った!!


お代わり~
パン
P9205614.jpg

大きめなパン!外カリッと、中ふかふか~♪
P9205618.jpg



肉か魚を選べるメイン、2人いるのでどっちもでしょー

魚料理
P9205626.jpg
魚料理は白鯛のソテー。

初めて聞いた!白鯛!
P9205630.jpg
バターとーレモン?のソースでいただきまーす♪

程よくふっくら、上品な白身魚^^
P9205664.jpg


レンコン、舞茸、穴子のフリット。
P9205631.jpg

ホタテ、サイマキ海老のグリル。
P9205636.jpg

下にはこちら。
P9205638.jpg

万願寺唐辛子のラタトゥイユ詰め
P9205667.jpg

付け合わせ最高( ´∀`) こっちがメインのよう!!!




肉料理
P9205646.jpg
肉料理はカスレ。

豚バラ、豚足、鶏肉、豆の煮込み。
P9205651.jpg

見た目超シンプルなこの料理・・・・うまーい(゚Д゚)

旨味抜群、具だくさんの最強煮込み。
P9205658.jpg P9205654.jpg

P9205656.jpg P9205659.jpg

あぁ・・・うまし。牛筋とろとろ。。。
半分ずつなーんてほとんど食べてり(笑)

しっかり濃いめな味付けですし、サラダと一緒でまたおいしー!
P9205650.jpg


お代わり~
P9205670.jpg
最初のやつね^^



空いたボトル。
さすが、このオリ!
P9205683.jpg

最後の部分もゆっくりと別のグラスに注いでいただきました(^^)
P9205679.jpg



そしてこの後がデザート。

その前にいかがですか?とフロマージュのワゴンが。
P9205676.jpg
すげー!見たことないのばっか乗せたワゴンきたー(@^O^@)

やーどうしよ♪
あんま食べないのにしよ!(見たことないのたくさんある気がするけど(笑))
アレとアレとアレとアレー!

フロマージュ盛り合わせ(1800円)☆
P9205687.jpg

・シャンベルタン
・エルシエドール
・マンステール
・シャロレ
にしました。
P9205688.jpg
1800円はリーズナブル!!
可愛らしくナッツや無花果散らばる~

カリッと焼かれたパンと共に。
P9205701.jpg

あ、レーズンの好き~
P9205702.jpg


ラミ・デュ・シャンベルタン
P9205691.jpg
ウォッシュタイプ 写真あってるか謎w
大好きなエポワスをまねて作られたチーズ。
ラミ・デュ・シャンベルタン・・・・シャンベルタンの友という意味で、
ブルゴーニュを代表する赤ワイン“シャンベルタン”を味わうために作られたと言われています。


これは・・・・・なんだろー!!!泣
P9205695.jpg
ブルーだよな・・・なんとかドールみたいなこと言ってた気がするけどそんなの聞いたことない。


マンステル
P9205693.jpg
ウォッシュタイプ 写真あってるか謎w
製法などが厳密に管理されていて、
基準を満たさない物は売り出すことはできないようになっているチーズ。
最近ではフランス風の製法とドイツ風の製法がありますが、元祖はフランス~
表皮はオレンジ色、中身はねっとりとクリーミー、ウォッシュらしく強烈な匂いが楽しめます!


シャロレ
P9205694.jpg
シェーヴルチーズ
はずっしりと詰まった中身が特徴のチーズ。



何か赤ー!!
P9205703.jpg


これにしてみよ^^
グラス赤ワイン(1300円)☆
P9205705.jpg
アラン・パレ コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ イノセンシス



そして最後は8種類から選ぶデザート、お連れさんの分もいただき!
P9205535.jpg
2種類選ぶのにまた頭悩まされましたが・・・・これとこれ!


最後の1つですと♪
イチジクのパルフェ
P9205710.jpg

イチジクのババロアにイチジクのゼリー!そして無花果アイスに・・・・
P9205718.jpg

黒いちじくと白いちじくの生無花果!ベストな完熟っぷり!!
P9205722.jpg

無花果のコンポートも!いちじくづくしーーー♪
P9205752.jpg

はぁ・・・・自然な甘さのなんて美味しいデザートなのかしら。。



デザートワインもいってしまお^^
P9205739.jpg

どっちも飲みたいからハーフ&ハーフで!!

ラタフィア・ド・シャンパーニュ 1/2(750円)☆
P9205746.jpg
アンリ・ジローのラタフィア~
化粧水が入っているかのようなこの容器!!!
ャンパーニュ地方のデザートワインです。
ギイ・シャルルマーニュが生み出す酒精強化ワイン、とろーりと甘♪


STANTIA 1/2(700円)☆CON
P9205741.jpg



ココナッツのバヴァロワやクラフティが入ったマノアールダスティン風グラチネ
P9205729.jpg

グラタンみたい~♪温かいデザート♪
P9205732.jpg

下にはクラフティ!
P9205751.jpg

とろんとバナナにバニラ香るフィリング♪
P9205736.jpg

あーらこれまた美味しいー♪




プチフール☆と
珈琲

P9205761.jpg


ほっと~
P9205753.jpg
コーヒー以外にハーブティー(ドライ)などもありました。

プチフールはこちら^^
P9205763.jpg
ワンスプーンのムース。

アボカドムースに珈琲
P9205766.jpg

ホワイトチョコムースにレモンのコンフィチュール
P9205768.jpg
1口サイズでも幸せな味。



最後には五十嵐オーナーシェフもお見送りしてくださいました。


ご馳走さま(o^_^o)


もちろんここでは終わらず・・・・
またも銀座ライオン ブラッスリーへ、2時間ほど。
もちろんシラフのはずもない。。





関連ランキング:フレンチ | 銀座駅日比谷駅有楽町駅




スポンサーサイト
12:25  |   ・イタリアン・フレンチ・鉄板焼き・ステーキ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

コメント

これはなかなか良さげで素晴らしいですね

これは・・写真からですが・・爽やかな美味しさが想像できます。
どうでしたか??
砂糖とバターの重いフレンチは私はもう嫌なので
ここはその点爽やかかな?
と思った次第です。

ランチで十分の量ですね
STマスター |  2016.10.18(火) 12:13 | URL |  【編集】

STマスター さん♪

ここのクオリティは高いです!!!
私ももうギトギトなフレンチは身体に重くて(笑)

シンプルかつ丁寧で深みある料理、絶対気に入ると思いますので是非行ってみて下さい( ^^)
はらへり呑んべぇ |  2016.10.18(火) 18:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://haraheri5214.blog40.fc2.com/tb.php/2337-4a2709ee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |