蕎麦 流石 @銀座

2017.02.13 (Mon)

2017・2・3




今日は銀座~。

銀座 蕎麦 流石へ2名☆
P2037010_201702131057461e8.jpg

「さすが」は銀座二丁目、昭和通りより2本裏手にあるビル2階のお店。
P2037012.jpg

2016年に引き続きミシュランガイド東京2017でもひとつ星を獲得した蕎麦やさんです。
P2037020_20170213105749cfd.jpg


こちらを本店とし、
銀座一丁目には一昨年秋に暖簾分けした手打ち蕎麦と手打ちうどんの楽しめる「流石 琳」
そして銀座八丁目には「流石 Le蔵」と、現在銀座に3店舗ございます。
P2037021.jpg

“銀座 流石塾”なんていう学び舎も立ち上げたんだそうです。

さすがに流石はオサレな蕎麦屋さん~
P2037023_201702131057525e9.jpg

店内は結構カジュアル。
P2037024.jpg

テーブル席が16席。
P2037026.jpg

個室が2つに、ゆったり白木のカウンターも6席ございます。
P2037168.jpg

あたたかみある店内~
P2037025.jpg



落語もやってるんだ!
P2037166.jpg P2037167.jpg


ドリンクメニュ~
P2037027.jpg P2037029.jpg

P2037030.jpg P2037031.jpg 

P2037032.jpg P2037033.jpg



有機そばビール(1290円)☆
P2037037.jpg
テレンデュ
ブルターニュ地方特産そばを30%使用し、 黒色で特有の苦味が特徴的のビールです。
生ビール撮り忘れた。。



料理はアラカルトもありますが主にコース。
P2037013.jpg

名物料理をほぼ全て網羅したという“流石コース7000円”
季節料理と名物料理の組み合わせ“蕎麦御膳9000円”
とございます。
網羅できるし!お連れさんは小食ですし(笑)と“流石コース7000円”を注文♪
P2037034.jpg

ちなみに今の時期は“選べる鍋コース7500円”てのもあるみたいです。


前菜
P2037040.jpg

・青菜とじゃこのお浸し
・和牛とキノコのしぐれ煮
・桜海老の卯の花

P2037041.jpg


青菜とじゃこのお浸し
P2037044.jpg
しっかり野菜の味、さっぱりうま♪

和牛とキノコのしぐれ煮
P2037045.jpg
見た目と違い、優しい味わい!

桜海老の卯の花
P2037043.jpg
桜海老の良い香りー♪

こちらでは添加物を一切使わずに、
時間をかけて作った醤油や味醂などの調味料を使用
していますそうです。



鄙願(1940円)☆
P2037057_201702131012470a0.jpg
新潟県のお酒のヒガン、大吟醸~

きつつきみたい~^^
P2037080.jpg


一番年配?の女性のアルバイトさんが素晴らしい!
1人の女性のみ、途中でアウトな印象を受けてしまった。。名付けてそばがき事件ww


酒肴
P2037050_20170213101924d19.jpg

・蕎麦の実の柚子味噌和え
・自家製山葵漬け
・岩海苔の佃煮と本山葵

P2037051.jpg


蕎麦の実の柚子味噌和え
P2037052.jpg
香ばしくカリカリの食感良い蕎麦の実♪
柚子香る甘味噌もいー( ´∀`)

自家製山葵漬け
P2037054.jpg
程よい上品なつーんと感♪

岩海苔の佃煮と本山葵
P2037053_20170213101231683.jpg
美味しいですよね本山葵、山葵だけで食べたいくらい。


酒すすむ~
扶桑鶴(1290円)☆
P2037097.jpg
島根県の純米吟醸~


ここで聞かれます、コースに出てくるそばがき。
途中でーとして食べるか、最後にデザートとして食べるか。
ワンテーブル同じでなくてはいけないとのこと、“デザート”でお願いしました。。


小さな温そば
P2037062_20170213101927347.jpg

しもふり茸、しめじ、あわび茸の乗った温かいお蕎麦。
P2037063.jpg

蕎麦はつなぎを使わず、水だけで打つ生粉打ちの“細打ち十割蕎麦
P2037065.jpg
十割とは思えないほどの滑らかな舌触り!きのこたっぷりおいしー(^^)
もちろん一滴残らず飲み干す。

七味唐辛子くださいなんていえないかな。(笑)


お蕎麦はコレ!
P2037014.jpg


あーお酒が止まらない~
悦凱陣(1300円)☆
P2037116.jpg
香川県の純米~



だし巻き玉子
P2037073_20170213102446bb0.jpg

カットせずおっきめどんと^^
P2037074.jpg

薄茶な出汁、蕎麦つゆ薄めたやつかなー?
P2037075.jpg

ほわっとうま( ´艸`)
P2037079.jpg
いーですよね、蕎麦屋の出汁巻きってがもまた・・・・・



そばがき(食べてないけどww)☆
P2037090.jpg
何も言わずに置かれたけど、これはそばがきという食べものじゃないのかな!?
私達はデザートで頼んだからまた別の料理なのかな!?

なんて言いながら箸をもって食べようとしたところ・・・・・
P2037092.jpg


待った!のお声が。
テーブル間違いだったそう。間違いは全然オーケー。
しかし謝ることもなく慌ててさげる、一度厨房へ行き明らかに同じものを何もなかったかのように後ろのテーブルへ。
あーーもうこれだけが何故だか本当に残念だったー、テンション一気にさがった。ww
普通の居酒屋だったら全然いーのだけどミシュラン星付き・・・だしな。なんかな。



ハーフボトル白ワイン(3240円)☆
P2037069.jpg
アルザスリースリング



ここからお連れさんの分と2人前ずついただきます♪(笑)

煮物
P2037083.jpg

・にしんの旨煮
・鴨ロース
・タコの柔らか煮
・ばい貝旨煮
・近江八幡の赤こんにゃく
・菜の花

P2037085.jpg P2037084.jpg

1つ1つ、異なる調理法のどれも美味しい煮物です。



蕎麦サラダ
P2037099.jpg

茹でたての十割蕎麦に千切り野菜を乗せ、自家製ごまドレッシングをかけたサラダ仕立て!
P2037104.jpg

うんまいコレー!野菜シャキシャキ!!
P2037107.jpg
居酒屋の蕎麦サラダとは何か違います。

こんなに美味しい蕎麦の食べ方もあるのね、驚くほどのマッチング~
P2037110.jpg


そしてお待ちかねの〆蕎麦。
“ざるそば”と“ひやかけそば”が選べますが、お連れさんの分と共に1つずついただきます♪


の前に・・・・
桜海老のかき揚げ
P2037124.jpg

さくっさくの揚げたて♪
P2037127.jpg

緑はブロッコリー^^
P2037128.jpg

桜海老のいーい香りのかき揚げだー!
P2037130.jpg

さらっとした雪塩のようなお塩で^^
P2037126.jpg



すぐに蕎麦も登場します。

まずはこちらから。
ざるそば
P2037137.jpg

殻を取った丸抜き蕎麦石臼挽き自家製粉した細打ちの十割そば!
P2037140.jpg

濃いめのつゆにちょこんとくぐらせ~
ずるっとのど越し爽やか!
P2037150.jpg

十割でも全然ぶちぶちしないで滑らか、素晴らしい。



蕎麦といったらざるそば・・・・な気もしますが、こちらではコレが名物メニュー!
ひやかけそば
P2037133.jpg

冷たくひやしたつゆをたっぷりかけた、いわゆるぶっかけ!
P2037146.jpg

おこのみで梅おろしも。
P2037143.jpg

ずずっと爽やかうーま。
P2037147.jpg
キレイに澄んだ薄味の優しいつゆはもちろん最後まで飲み干す。

結局・・・・・・どれなのかな?(笑)
P2037169.jpg


“味は流石に極まれり”と。美味しかったけど・・・・・正直そこまでの感動は・・・・・?(笑)
もっと感動した蕎麦、去年食べたかなー
すみませんワタクシ蕎麦に詳しくないものでして。。



ざるそばのつゆはこちらで!
P2037152.jpg




そばがきはデザートでお願いしたので最後に登場。
そばがき  デザート版
P2037158.jpg

そば粉と水と空気だけで作ったそばがき!
それをスイーツにして^^
P2037160.jpg

ふわふわのおもちのような食感・・・・えーこれそばがきなの?うまー(*´д`*)
P2037163.jpg

あー、普通出汁醤油で食べるそばがきも食べたかったw


色々思うところもありましたが、
でも最後にあの感じ良い女性スタッフさんの見送りでやっぱりテンションあがった♪



ご馳走さま(o^_^o)


この後は素敵なお店で美味しいワインに美味しいケーキでまた幸せ~




関連ランキング:そば(蕎麦) | 東銀座駅新富町駅銀座一丁目駅




スポンサーサイト
12:16  |   ・寿司・和食・鰻・蕎麦  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://haraheri5214.blog40.fc2.com/tb.php/2429-466bdce1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |