06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

リストランテ アルポルト @西麻布

2017.05.30 (Tue)

2017・4・26





今日は西麻布ランチ~

RISTORANTE Alportoへ2名☆
P4260383.jpg

西麻布交差点より徒歩4分くらい、住宅街にある地下のお店。
P4260384.jpg

1983年4月にオープンした、
東京イタリアンの根幹を担ってきたとも言える、本格イタリア料理の名店
です。

イタリア語で“港”を意味します「アルポルト」。

カフェやクラシコなど、姉妹店もいくつかありますが、ここが本店。
P4260385.jpg


5年間イタリア国内にて総領事付きのコックとして修行を重ね、帰国後には代官山「小川軒」を経て「マリーエ」調理長を務めた
オーナーシェフの片岡護さんによるイタリア料理を堪能しましょう♪
P4260390.jpg


外に灰皿用意されていました^^
P4260386_20170525232856d12.jpg


店内は高級感溢れる、リストランテな雰囲気。
P4260395.jpg

しかし硬すぎてもなく、イー感じですね。
P4260472.jpg

13時過ぎですが、空いていてちょっとびっくり。
P4260499.jpg



ドリンクメニュ~の1部
P4260394.jpg


グラススプマンテ(1410円)☆
P4260397.jpg


ランチコースは3330円、5110円、8450円とございます。
P4260391.jpg


“5110円のコース”を2つ!
P4260392.jpg



パン
P4260401.jpg
バター塗って~


鮮魚のカルパッチョ
P4260405.jpg
青森県産の真鯛のカルパッチョ

野菜と粒マスタードのドレッシングでいただきます。
P4260407.jpg
新鮮なお魚と生野菜~
酸味と甘みが絶妙なドレッシング!


グラス白ワイン(1180円)☆
P4260399_20170525224739378.jpg
トッレ・ディ・ジャーノ2015



空豆のムース トマトクーリ
P4260410.jpg

空豆のムースにトマトソースと粗挽きペッパー。
P4260411.jpg
ちなみに、トマトや果物を裏ごしてピューレ状にしたものをクーリと言います。

あー美味しい( ´艸`)
ふわしゅわっと軽い、空豆の良い香りムース!
P4260414.jpg
優しい酸味のトマトソースとペッパーのアクセントが絶妙です。



クレープ“ラニエリ風”
P4260415.jpg

4種類のチーズとハムを巻いた温かいクレープ。
P4260421.jpg

おーいーしー( ´∀`)!!

中からとろんと濃厚チーズ!
P4260422.jpg



赤ね赤ねー♪
ボトル赤ワイン(8000円ちょい)☆
P4260431.jpg
リヴェラ・イル・ファルコーネ・カステル・デル・モンテ・リゼルヴァ2010
イタリア・プーリア州の赤ワイン。


トリッパのトマト煮込み
P4260426.jpg

柔らかーく煮込まれたハチノスのトマト煮。
P4260428.jpg

あぁ・・・・・美味し素晴らし。。もちろん臭み皆無。
P4260434.jpg



続いては片岡シェフが料理人を目指すきっかけとなった“パスタ料理”、5種類から選べます。

お連れさんと別々に。
+1180円でいただける“生ウニのパスタ”、必ず食べたい。
あと1つは“本日のパスタ”と“ボスカイオーラ”で悩んで、どちらかに決めたハズでしたのに・・・・・・
間違って悩んでた2つを注文してしまったー( ̄□ ̄;)!!

大丈夫、最後に単品追加しちゃいました(笑)

本日のパスタ
P4260446.jpg
蛍烏賊とタケノコのトマト
割れて見えるようなお皿は柄です!(笑)

蛍烏賊の旨味と竹ノ子の食感良し!
P4260448.jpg

あーー本物な味わい。謎
P4260450.jpg



ボスカイオーラ(木こり風)フェデリーニ
P4260437.jpg
ポルチーニ、ツナ、ケッパーのトマトソースなどでボスカイオーラ。

トマト被ったな、まぁトマト2つで悩んでたから当たり前か(笑)
P4260439.jpg
しかし味は全く違います!

あぁ・・・・幸せ。もっと量欲しいな。
P4260443.jpg


お代わり~
P4260452.jpg
もっとどかっと欲しいんだけどな。w


とりあえずは続いての“本日のメイン料理”!

お連れさんはこちら、もちろんもらう!
本日魚料理
P4260461.jpg

本日は黒鯛。
P4260464.jpg
小さいな・・・・・・・・・・・・

まぁ、少食な日本人向けに開発した“懐石風イタリアンコース”のコ ンセプトが、
多くの人に支持されたっていうのもありますからね~

黒鯛の下にはカポナータ
P4260466.jpg

上には人参と何かの素揚げ~。
P4260467.jpg

ソース・・・なんだったっけーーー。。。
P4260468.jpg

とっても美味しいがボリュームもうちょいあればなぁ。


牛肉か、次に豚肉にしようとしてましたが・・・・・・・鳥さんで(笑)
鶏もも肉のコンフィ サラダ仕立て
P4260456.jpg

これまたお上品なポーション。

周りパリッと!
P4260457.jpg

しっとり柔らか!
P4260469.jpg

サラダの野菜もドレッシングも美味しい。
P4260470.jpg
はたまた何だっけかな、ソース。。。
P4260460.jpg

これは覚えている、とっても美味しいがボリュームもうちょいあればなぁ。と。



そしてやっぱり後悔したくない!と、単品で“生うにのフェデリーニ”も食べちゃいます!!
私がほぼ食べるつもりでしたが2つに分けてくださいました。

生うにのフェデリーニ
P4260474.jpg

1人前(これ二皿分)でおそらく3000円ちょいかな♪

なにこれーーーーーーうまい(@_@)
P4260478.jpg

ウニのスパゲティって大好きですので結構な確率で食べますが(大体はカニのトマトクリームパスタと悩む。)、
コレはうますぎ!!さすがとしかいえません!感動の嵐。
P4260480.jpg

臭みないウニはもちろん、このパスタになんとも絶妙に絡む絡む・・・
P4260482.jpg
ウニパスタといえばの「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」と同じく・・・



本日のデザート☆と
珈琲

P4260488.jpg
カシスのシャーベット、苺のタルト、ティラミスの盛り合わせ。

さっぱり!
P4260493.jpg

濃厚滑らか!
P4260492.jpg

小さくても手を抜いていません!!
P4260497.jpg

んーどれも美味しい盛り合わせ^^♪


コーヒーでまったり。
P4260495.jpg

・・・している時間もないな、もう閉店です。
P4260471.jpg


あ、可愛かったティーカップ。
P4260496.jpg



ご馳走さま(o^_^o)


六本木まで歩きます。

せっかくなので六本木あたりのバーで飲みたかったのですが・・・・・・
P4260500.jpg




有楽町へ~ε=┌( ・∀・)┘

↓↓↓↓↓↓↓↓↓



何かイベント?やってました!
P4260506.jpg

ホットトイズのマーベルがうんぬん。全くわからなかった。。。
P4260507.jpg





関連ランキング:イタリアン | 六本木駅広尾駅乃木坂駅



スポンサーサイト
11:04  |  ● 六本木・麻布・赤坂 らへん  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

コメント

いいですねぇ 素晴らしい!!

アルポルトかぁ~ いいですねぇ
NHK料理番組で見かけますよね 片岡さん
十年ちょい前に一度行ったことありますよ
勿論おいしいですね。雰囲気も悪くないし良いですよね。

人気店は予約とかめんどくさいのでどうしても避けてしまいがちな・・・私です・・笑顔)

ぶらっとランチ一人で行きたいけど・・
断られるといやですしね 笑)
となるとイタリアンはどうしても「喧騒のイタリアン」
となってしまう感じ トラットリアで気楽にとなってしまいますね・・。
いつも服装汚いもんで・・笑)

しかしアルポルト行きたいなぁ こじんまりした店内が
また雰囲気良いですよね。
料理もタイミングよく供されていたと記憶しています。

私をアルポルトに連れてって!!
STマスター |  2017.05.30(火) 12:02 | URL |  【編集】

STマスター さん♪

アルポルトさん、さすがなお味でした!
はい、お料理のタイミングも良かったです^^

予約は思ったよりもあっさり取れましたよ~
ランチ1人でかしこまらない格好でぷらっとアルポルトへ行くってのも、
STマスターさんらしくカッコいいかと??(笑)

私もアルポルトに連れてって!!
はらへり呑んべぇ |  2017.05.31(水) 09:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://haraheri5214.blog40.fc2.com/tb.php/2490-dcfb0a4c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |